WinSCPとは

WinSCPは、MS-Windows上で動く オープンソースでグラフィカルなFTPFTPSSFTPクライアントプログラムです。旧来のSCPプロトコルもサポートします。このプログラムの主な機能は、ローカルコンピューターとリモートコンピュータ間で安全にファイルをコピーすることです。これに加え、WinSCPはスクリプトと基本的なファイルマネージャー機能を提供します。

このページには日本語ユーザーの為の短い案内が書かれています。WinSCPのドキュメントは ほとんど英語だけです。このページからリンクしている多くのページも英語です。

WinSCP の取得とインストール

WinSCPの日本語版が入手可能です。WinSCP download page へアクセスし、“Installation package”をクリックして下さい。日本語版をインストールするにはインストール時に表示される「セットアップの言語選択」画面で、「日本語」を選択して下さい。

Advertisements:

特徴

ファイル操作

WinSCPはダウンロードアップロードといった, ファイルに対する基本操作すべてができます。 ファイルやフォルダーの名前の変更をしたり新しいフォルダーを作成したり, ファイルやフォルダーのプロパティを変更, シンボリックリンクやショートカットの作成なども可能です。

選択可能な二つのプログラムインターフェイスのうち一つでは, ローカルコンピューターのファイル管理までも可能です。          

リモートコンピューターに接続

WinSCPを使って SFTP (SSH File Transfer Protocol) や SCP (Secure Copy Protocol)サービスでSSH (Secure Shell)サーバーやFTP (File Transfer Protocol)サーバーに接続できます。

SFTPSSH-2パッケージに標準で含まれています。SCPSSH-1パッケージに標準で含まれています。両プロトコルは、SSHの上位バージョンでも使えます。WinSCPは SSH-1SSH-2 両方をサポートしています。

FTPでは、基本的なFTPFTP over TLS/SSL(FTPS)をサポートしています。圧縮転送 (Zlib) には対応していません。

ユーザーインターフェイス

WinSCPには豊富な設定オプションとともに二つのプログラムインターフェイスがあります。

好みのユーザーインターフェイスをインストール中にまず選択することができます。 でも、後でその選択を変えたくなるかもしれません。

初めてWinSCPを使うなら, エクスプローラー風のインターフェイスを選びたいかもしれません(Windowsユーザーはそれに慣れているはずですから)。 しかしながら, ノートンコマンダーのコンセプトや種々の最新ファイルマネージャー(Total Commander, FAR, Altap Salamander)に慣れているなら, ノートン コマンダー インターフェイスを選んでください。 ノートン コマンダー インターフェイスは 最初から簡単にキーボード操作ができるように作ってあります。マウスに触れることなく使うことができます。それに慣れた人はより素早く操作できます。

その他日本語の情報

以下のサイトは情報が古い可能性があります。

Advertisements:

現WinSCPサイトのGuidesをベースにした日本語ガイド。インストール、初期設定等を解説

旧WinSCPサイトの翻訳を試みた web site.(情報が古い可能性あり)

WinSCP日本語ロケール情報のメンテナーが解説している web site

WinSCPのインストール, 初期設定の解説が詳しい

WinSCPのインストールを中心に, 全ての画像をLightbox表示して初期設定の解説が詳しい。パスフレーズをPageantで運用。

 
  lang/jp.txt · Last modified: by prikryl
 

Search Documentation

This page

Donate

About donations

$9   $19   $49   $99

About donations

Recommend

Associations

Site design by Black Gate